結婚指輪は結婚のシンボル~満足する指輪選び~

装飾品

お色直しで着るドレスは

女の人

白いドレスにない魅力

結婚式、女性にとって憧れであり一生に一度の晴れ舞台と言えます。白いウェディングドレスに身を包むことは花嫁の特権と言えるのです。大抵の場合、挙式と披露宴を行うのが一般的ではありますが、白いウェディングドレスを着るのは挙式の間と披露宴の初めだけ、ということが多いです。最近ではお色直しをする時にカラードレスや色打掛を着る人が増えているといいます。その種類も、昔と比べて格段に増えているといいカラードレスや色打掛を選ぶだけでも何回もドレスショップに足を運ぶことになります。特にカラードレスは色も形もかなり種類がありますので、迷うことが多いと言えます。代表的な形などを知っておき、自分がどのタイプのドレスを着たいか考えておくことも大切です。

ドレスの種類は

カラードレスですので、もちろん色も様々です。その色によってかなり印象は違ってくるのですが、それと同じように違ってくるのがドレスの形と素材感です。まず、ドレスの形には代表的なものがいくつかあります。一番オーソドックスなものが、Aラインと呼ばれるもので、アルファベットのAのように裾にかけて自然に広がるタイプのものです。次に、プリンセスラインと呼ばれるその名前の通りお姫様のようなふんわりとしたラインのものです。このドレスになると可愛らしい感じを演出できます。次に、エンパイアラインと呼ばれるものです。エンパイアラインは胸のあたりから切り替えになっていることによって、すとんとしたシルエットのものです。最後にマーメイドラインです。その名前の通り人魚のようなシルエットのもので、大人っぽいものが多いです。